音信不通の家族を探す方法と注意点
【PR】本ページにはプロモーションが含まれています

人探し方法

音信不通の家族探し | 消息途絶えた身内を自力で探すポイントと注意点

2021年9月17日

急に連絡が途絶えた家族の行方を知りたい。

家出した夫を探したい。

不安や心配が大きくどのように探せばよいのか…。

こちらの記事では、戸籍謄本などの公的な書類を使って家族を見つけ出す方法などをいくつかご紹介します。

行方が分からなくなった人をご自身の力で探したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事に書かれていること

  • 自力で探す際の注意点
  • 具体的な人探しの方法
  • プロに任せることで確実な人探しが可能
  • 依頼の流れとQ&A

記事監修者 総合探偵社MJリサーチ

MJリサーチ口コミ評判

総合探偵社MJリサーチ若梅調査員

若梅調査員

探偵調査員歴22年、常人逮捕協力5回、刑事事件協力30回以上。大手探偵社から独立したMJリサーチ若梅調査員。20年以上の経験を持つベテラン達と共に活動中。また、メディア担当としても活躍し、MJリサーチの公式YouTubeチャンネルで解説系の動画に数多く出演しています。

MJリサーチ公式サイト>>

YouTube MJリサーチ公式チャンネル>>

代表取締役 鈴木順一 挨拶>>

目次

自力で家族を探す場合の注意点

自力で家族を探す場合の注意点

音信不通の家族を自力で探すことは想像以上に難しいです。

情報を集めることの難しさ法律の問題、さらには時間やお金がかかることなど、個人では解決できないことが多くあります。

こちらの記事では、それらの問題にどのように対処するかについてわかりやすく説明します。

個人での情報収集には限界が…

1番の大きな課題は個人で収集できる情報には限界があるということです。

個人での人探しでは、インターネットや聞き取りなどから情報を探していくことになりますが、それだけでは具体的な情報は手に入りにくいです。

結果として、情報を繋いでいく作業がままならず、探す範囲を広げていけません。

人探しには専門的な技術が必要

人探しには専門的な技術や知識が必要です。そのため、一般の人には難易度が高いです。

たとえば、公的な記録を調べる監視カメラの映像を分析することは、専門の知識や権限がないとできません。

このような専門的な作業が必要なときは、プロの探偵などの専門家の手を借りることが必要です。

時間やお金、人手が足りません

個人での人探しにはかなりの時間やお金、労力が必要ですが、これらが不足することも多く、探したい人を見つけられないのが一般的です。

特に、広い範囲の調査長期にわたる調査難しいです

家族を見つけるための作業は、時間がかかるだけでなく、さまざまな状況に柔軟に対応する必要があります。

専門家であれば、これらの課題に対処するための適切なリソースとネットワークが整っているため、家族探しをより効率的に進めることができます。

プライバシー保護法による制限

家族を探す場合であっても、プライバシー保護法による制限が大きな障壁となることがあります。

たとえ家族であっても、その人の個人情報は保護されるべきで、情報を集めたり公開したりする行為は法律で厳しく制限されています。

そのため、個人で家族情報を集めようとすると、法律の面から見ても難しいです。

音信不通の家族を探す方法

確認アイテム おすすめ度 手軽さ 信憑性 スピード 成功度 見つけ方 注意点
住民票・戸籍を閲覧 公的文書の閲覧 親族のみ
人探しサイト × × × 掲示板への書き込み・閲覧 虚偽の書き込みあり
人探しアプリ × スマホのGPS機能で調査 事前にインストールされていること
知人などへ聞き取り × × 電話や訪問 対象の人との関係性が重要
探偵へ調査依頼 人探しの専門家による調査 なし
警察へ捜索願い提出 警察へ捜索依頼 事件性がある場合のみ受理
ポスターなど配布 × × ×  × 駅前などでビラを配布 活動許可書の申請要
新聞広告出稿 × ×  × × 有料広告の出稿 掲載に伴う手続き
SNSで探す × × フォロワーへの呼びかけ 情報の信憑性が希薄
おまじない・占い × × × 鑑定士占い 当たりハズレがある

※上記の評価表は、当サイトの評価基準に基づいて作成されたものです。各評価項目を数値化し、これらの数値の合計によって評価の順位を決定しています。詳しい評価基準については、下記のリンクからご参照ください。

人探し.ch 人探しの有用性評価基準>>

住民票や戸籍を閲覧して家族の消息を確認★★★☆☆

市役所などで公的文書を確認

戸籍抄本には、その人の修正から死亡までのすべての記録が記載されており、住民票の除票には転出先や死亡年月日が記載されています。

それぞれの書類を取得するには、家族の本籍地である市役所や役場で発行してもらいます。

戸籍抄本で消息を確認する方法

相続手続きなどで、亡くなったことの証明として必要になるのが戸籍抄本(こせきしょうほん)です。

戸籍抄本には、その人の生まれから亡くなるまでの大事な情報が全て記されていて、生存の有無住所の確認ができます。

戸籍抄本を取得するときは、身分を証明できる書類が必要です。

戸籍抄本取得に必要な書類

  • 運転免許証や健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民票
  • 印鑑

戸籍抄本は、本人やその配偶者、直接の家族(例えば、両親や子供、孫、祖父母)だけが請求できます。

もし遠方に住んでいる場合や役所に行くのが難しい場合は、郵送での請求も可能です。

その際には、請求者の身分証明書や戸籍謄本が必要になります。

相続など特別な理由で戸籍抄本が必要な場合、他にも必要な書類があるかもしれないので、事前に役所で確認すると安心です。

直系家族以外の方でも、適切な理由があれば戸籍抄本を取得することができます。

例えば、遺産分割や相続の手続きなどです。

このような場合、行政書士や司法書士などの専門家の助けを借りることも一つの方法です。

住民票の除票で確認する方法

住民票の除票は、転出先や死亡年月日などの情報が記載された公的な書類です。

家族の転居先を調べたり、生存確認に役立ちます。

除票を取得するには市役所の窓口に行き、身分を証明するための書類を提出する必要があります。

除票の取得に必要な書類

  • 運転免許証や健康保険証
  • マイナンバーカード

もし親族以外の方がこの書類を請求する場合は、委任状が必要です。

相続の手続きや訴訟、保険金の受け取りなど、正当な理由がある場合には他の誰でも請求することができます。

正当な理由があれば、必要な書類を持って最寄りの市役所に行くことで、手続きを進めることができます。

人探し専用サイトを利用して探す★★☆☆☆

ネットで家族の情報を探す

インターネットを利用して探す方法はアクセスしやすく、手軽に始めることができます。

以下に、人探しに特化したいくつかのオンラインサービスを紹介します。

  • 人探し掲示板
  • Googleパーソンファインダー
  • NTT災害用伝言板(web171)
  • 警察署HP「行方不明者情報」

これらのウェブサイトは、人探しや安否確認に非常に有効です。

特に警察署のホームページに掲載されている「行方不明者情報」は、音信不通の家族を探す際に役立つ情報源としておすすめです。

災害などで家族が行方不明になってしまった場合、GoogleパーソンファインダーやNTT災害用伝言板を利用するのが効果的です。

これらのサービスの詳細な使い方については、下記のページでさらに詳しく紹介しています。

人探しサイト5選|ネットを使って無料で位置情報を特定する方法と注意点
人探しサイト7選|ネットを使って無料で位置情報を特定する方法と注意点

お探しの人が見つからずお悩みの方へ、 ネットを使って無料で人探しをする方法をご紹介します。 スマホひとつでアクセス可能なおすすめの人探しサイトを厳選しました。 ぜひ以下の方法をご参考に、人探しにお役立 ...

続きを見る

人探しアプリを使って住所を特定する★★☆☆☆

GPSアプリで居場所を特定

人探しアプリには、

写真の位置情報から撮影された場所を特定する

といった機能を持つアプリが存在します。

過去に撮影された写真の位置情報を利用することで、その写真がどこで撮られたかを明らかにすることができます。

iPhoneやAndroidなどのスマホで撮影された写真の位置情報を調べることにより、具体的な撮影場所を確認できます。

例えば、音信不通の家族が自身のブログなどに「今日のランチ」というキャプション付きで画像をアップロードした場合、その画像に位置情報が含まれていれば、撮影されたカフェの位置を特定できます。

この情報を得るには、単に画像をダウンロードして位置情報を確認するだけです。

撮影した写真にexif情報(位置情報)が登録されていることが条件となります。

知人や隣人に問い合わせてみる★★☆☆☆

知人からの情報が大きなヒントになることも

親しい間柄と思われる知人の方へ聞き取りをしてみましょう。

できれば、以前家族が住んでいた現地で直接聞き取りをする方が情報を引き出しやすいかと思います。

もし、直接の情報が得られない場合は、知人のさらに知人にまで聞き取りを広げていきましょう。

私、お隣の◯◯の親族でが、連絡が取れなくて心配しています。最近、◯◯さんは帰宅されていますか?

と尋ねることで、隣人の方が普段からどのような人が出入りしているかの情報も提供してくれるかもしれません。

うまくいけば普段からどんな人が出入りしているかなどの有力な手がかりを教えてくれる可能性もあります。

探偵へ調査を依頼する★★★★★

絶対に見つけたいなら探偵がおすすめ

探偵は人探しのプロです。

依頼された人探しの依頼はほぼ確実に探し出すことができます。

探偵の人探し

探偵は、聞き取りデータ調査公的記録の検索など専門的な調査を行うことができます。

聞き取りにおいては、地元住民に溶け込むほどの親しみを与えたうえでその人の情報を極限まで引き出します。

またデータ分析においては、SNSやインターネットのデータ分析、さらには市役所や図書館での古い文書の調査、タウンページなどが含まれます。

これらの情報をもとにして家族の居場所を特定していきます。

探偵の人探しの成功率は高いところでは90%「絶対見つかる」と謳う探偵は要注意!!
探偵の人探し成功率は高いところで90%「絶対見つかる」という探偵は要注意!!

子供の家出、家族の失踪、昔の恋人を探したい、名前しか知らない人を探してほしい。 人探しといっても様々な依頼が探偵の元に届きます。 探偵に依頼する際に、依頼者の方が気になるのは「成功率」と「依頼料」では ...

続きを見る

再会方法を調整

探偵は家族を見つけるだけでなく、再会をスムーズに行うための支援も行います。

お互いの気持ちの準備、再会の適切な場所や時間の決定、必要に応じて双方の気持ちを落ち着かせるための仲介をすることもあります。

円満に再会できるよう、細心の注意を払って再会の準備を進めていきます。

プロのカウンセラーに相談できる

探偵事務所には専門のカウンセラーが在籍していることが多いです。

カウンセラーは、行方不明になった家族が抱えているかもしれない心の問題や、家族との間に起きたコミュニケーションの問題を解決するのをサポートします。

カウンセラーは、家族が再び会った後の関係を修復するサポートをしたり、必要があれば心理療法を行うこともあります。

弁護士や警察との連携も深い

人探しには、法律的な側面が絡んでいることも多くあります。

多くの探偵事務所が弁護士や警察と連携しています。

誘拐や人身売買など犯罪の疑いがある場合には、警察などと連携して適切な法的手続きを確実に行います。

また、相続や法的問題に関しても、弁護士を通じて適切な対応を行い、あなたが法的なトラブルに巻き込まれないように支援します。

[PR] 当記事監修 総合探偵社 MJリサーチは人探し成功率NO1!

音信不通、失踪の相談は、

総合探偵社 MJリサーチへ


MJリサーチの高い調査力

MJリサーチは、幅広い人探しを専門に行う探偵事務所です。

もし、個人での人探しに行き詰まっているなら、MJリサーチに相談してみてください。

一人で抱える不安も、専門家に話すことでパッと解決の糸口が見えることがあります。

人探し全般の悩みは、専門のカウンセラーや弁護士との連携が厚いMJリサーチがサポートします。

相談料金は無料なので気軽に相談できます。

✉️メールの場合

公式サイトの最下部にある「お問い合わせ」より、現在の状況(行方が分からなくなった具体的な状況など)を入力してください。その後、カウンセラーからの返信を受け取る方法(メール、LINE、電話、面談)を選び、送信ボタンを押します。

返信を受け取る日時も指定できます。

MJリサーチの公式サイト>>

☎️お急ぎの場合は電話がおすすめ!

下記のボタンをクリックするとMJリサーチカウンセラーへ繋がります。そのまま現状の状況や個別で相談したい内容をお話しください。(24時間体制 何度でも無料!

MJリサーチの電話相談窓口

MJリサーチのベテラン探偵から教えてもらった「危ない探偵」と「見分け方」
MJリサーチのベテラン探偵から教えてもらった「危ない探偵」の見分け方

いざ探偵に依頼しようと思っても何かうさんくさいし、どうやって選べがよいか分からない。 そういった方のためにMJリサーチの経験豊富なベテラン調査員が、危険な探偵を見抜くための重要なポイントを教えてくれま ...

続きを見る

人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング10社を公開!【2023年5月最新版】
全国の人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング13選【2024年6月最新版】

家出や失踪、行方不明など探偵に調査を依頼したいものの、どこを選ぶべきか悩ましいものです。 人生に一度あるか無いかの探偵への依頼を満足なものにするためには、人探しに特化している低料金な探偵を選ぶと良いで ...

続きを見る

事件性がある場合は警察へ行方不明者届★★★★☆

命の危険や犯罪は迷わず警察へ連絡

家族が突然行方不明になったとき、警察に届け出をすることで、捜索に必要な公的な支援を受けることができます。

この届け出は、本人が望む望まないに関わらず、家族が行うことができます。

もしもの事態に巻き込まれたり、安全が心配される場合は、すぐに警察へ知らせましょう。

届出を出せる人

  • 両親や親権者
  • その他の親族
  • 介護をしている方や同居している方
  • 恋人
  • 雇い主
  • その他密接な関係がある人

参考愛知県警察:行方不明者届けは誰が出せるのですか?

行方不明者届出に必要なもの

届け出の際に必要になる情報は事前にまとめておきましょう。

家族の顔と全体が写った写真は重要な手掛かりになるのでできるだけ提出できるようにしましょう。

届出の際に必要なものと情報

  • 最新の写真
  • あなたの印鑑
  • 相手の本籍、住所、氏名、生年月日
  • 身体的な特徴
  • 服装
  • 所持品
  • 乗っていた車やバイク、自転車などの情報
  • 最後に目撃された場所

行方不明者届出が受理されない事例

次のような個人的な事情では、警察では届け出を受け付けてくれないことがあります。

受理されない事例

  • 生き別れの家族に会いたい
  • 相手が相続人になっている
  • 長年会っていない子供の居場所を知りたい
  • 借金を取り返したい
  • 離婚後に会っていない子供が元気か知りたい

事件性がなく、個人的な理由での調査は警察ではなく、探偵に相談することをおすすめします。

探偵事務所は、専門的な調査技術と法律的な知識をもって対応できます。

ポスターやビラ配りをする★☆☆☆☆

ポスターやビラ配りをする

音信不通となった家族を見つけるために、ポスターやビラを使った拡散が効果的な場合があります。

地域の協力を得ながら、より多くの人々に情報を届けましょう。

ポスターに掲載する内容

尋ね人

  • 顔写真:最近撮影された鮮明な写真を目立つように掲示し、過去の写真もあれば、年代ごとの変化を示すことができます。
  • 基本情報:名前、年齢、身長、体重、特徴的な身体の特徴など、詳細に記載してください。
  • 最後に確認された場所や日時:最後に見かけた場所や日時を詳しく記載することで、探しやすくなります。
  • 連絡先:発見者した人がすぐに連絡できるよう、電話番号やメールアドレスをはっきりと書いてください。
  • 報奨金の有無:報奨金が可能な場合はその旨を記載します。

ビラを配布する場所については、駅やバス停、大きな公園、商店街など多くの人が集まる場所を選びましょう。

SNSなどへデジタル版のポスターを掲載することでさらに広範囲へ情報を拡散できます。

ただし、注意すべき点として、家出した本人にビラやポスターが見つかると、さらに遠くへ逃げてしまうリスクがあります。

また、見つかった後にこれらのビラやポスターをすべて回収するのは非常に手間がかかるという問題もあります。

新聞広告で幅広い年齢層へアプローチ★☆☆☆☆

新聞を使って広範囲にアプローチ

新聞の購読者は年々減っているとはいえ、多くの世代にまだ読まれています。

新聞広告は、幅広い人々に情報を届けるための有効な手段です。

新聞広告への掲載内容

懐かしい昭和時代(女性) on X: "新聞の社会面の尋ね人広告。「本人は気づくかなあ…?」と不思議だった。「心配するなすぐ帰れ 父」のような「もう解決したから安心しろ」と独特な呼びかけ。本人呼びかけ系とこんな人いませんか系の二通りだったね。金の受け渡し場所など ...

  • 見出し:「音信不通の家族を探しています」のようなシンプルで直接的な見出しをつけましょう。
  • 写真:クリアな最新の写真を掲載します。もし可能であれば、近年の写真を複数掲載することも有効です。
  • 基本情報:名前、年齢、最後に確認された場所や日時、身長、体重などを記載します。
  • 連絡先:情報提供を受けるための電話番号やメールアドレスを明記します。
  • 報奨金の情報:情報提供者への報奨金がある場合、その内容を明記しましょう。

新聞広告は、昭和世代を含めて多くの年齢層に広く情報を届けることができます。

ポスターやビラと同様の内容を掲載することで、広範囲に情報を拡散する効果があります。

また、掲載料は1,000円から数万円まであり、広告の位置やサイズによって異なります。

SNSを利用して人探し★★☆☆☆

SNSの拡散力で探す

SNSは手軽に情報を拡散できるので、人探しに使うことができます。

特に以下の方法が有効です。

本人アカウントを探す

SNS上で本人のアカウントを直接探せます。

本名での登録は少ないですが、交友関係や趣味に関連する名前を手がかりに検索すると、ヒントを得られることがあります。

この手法には、X(旧ツイッター)、インスタグラム、フェイスブックで使えます。

ツイッターでアカウント名で検索をかける

#ハッシュタグを使って探す

「#人探し」「#行方不明」などのハッシュタグを使ってツイートすることで、家族に関連する話題や情報を見つけられます。

これにより、目撃情報や情報提供者からの協力が期待できます。

Xやインスタグラムで活用できます。

人探し用のアカウントをフォローする

SNSには、人探しを専門にしたアカウントがあり、これらをフォローすることで新たな情報やサポートを得られる可能性があります。

関連するハッシュタグで検索したり、ネット上で調べることで見つけられます。

この手法には、Xやフェイスブックが使えます。

LINEのオープンチャットで探す

LINEのオープンチャットを使って、行方不明者の情報を共有することもできます。

人探しに特化したグループに参加し、情報交換をすることで、家族に関する手がかりが得られるかもしれません。

SNSを利用した人探しの注意点

SNSを利用した人探しには注意が必要です。

一度ネット上に情報を掲載すると、その情報は簡単に削除できません。

結果的に、その情報がデジタルタトゥーとなり、将来的に本人や家族に悪影響を及ぼす可能性があります。

占いやおまじないで家族を探す★★☆☆☆

占いやおまじないで引き戻し

自分で探す方法としての最終手段です。

テレビやネットでも度々放送されますが、占い師に居場所を突き止めてもらった事例も数多くあります。

人探しと占いの親和性は高く、自分で探す最終手段として頼ってみてはいかかがでしょうか。

参考

秘蔵の鑑定士が悩みを解決:電話占い「ウラッテ」

待ち人が帰ってくるおまじない:酒杯を使ったおまじない「おまじない3-24.net

このような占いやおまじないを活用することで、個人での人探しの選択肢が増えます。

個人での人探しには限界がある

個人での人探しには限界がある

個人での人探しには一定のメリットがありますが、実は、個人での人探しは非常に難しいです。

個人の人探しの難しさ

  • 時間と労力が掛かる
  • 限られた情報しか手に入らない
  • トラブル巻き込まれたり、法的なリスクがある

このように、個人での人探しは、調査の難易度が高く、リソースも限られているため、成功率が低くなる可能性があります。

プロのサポートを検討することも必要です。

このように、個人での人探しには様々な難しさがあります。

しかし、メリットもありますので、それらと合わせてデメリットについても見ていきましょう。

メリット

  • 自分で調査を行うため、費用を抑えることができます。
  • 他の人に私的な情報を知られることなく調査できるため、自分のプライバシーを守ることができます。
  • 絶対に見つけたいという気持ちで、熱心に調査を進められます。

デメリット

  • 情報収集の手段が限られているため、調査には多くの時間と労力が必要になります。
  • 得られる情報が限られているため、調査の成果を出すのが難しいです。
  • 調査方法を間違えると、法的な問題に巻き込まれる可能性があります。

人探しはプロの探偵に任せることで早く確実に調査できる

人探しはプロの探偵に任せることで早く確実に調査できる

探偵は人探しのプロです。

音信不通の家族を探す場合、相手の情報をほとんど知らない状態ですので何を頼りに探してよいのかも分からないと思います。

そんな時に頼りなるのが探偵です。

探偵は聞き取り調査のプロ

探偵は独自の情報ネットワークを駆使し、便利屋などとのコネ地元警察との情報パイプを持っています。

また、情報収集のプロフェッショナルでもあり聞き取りのスキルに長けています。

そのためアクティブリスニングなどの技術を活用し相手から情報を引き出します

探偵はデジタル調査のプロ

デジタルフォレンジックとは、スマホやパソコンなどの情報を分析・解析する技術です。

SNSにアップされた画像から位置情報を取得したり、スマホの消したデータを復元させたりすることができます。

最近では一部の探偵でAIを活用した、より効率的な人探し方法を提供しています。

探偵の力で人探しを確実なものにしましょう

個人での人探しは費用やプライバシーの面でメリットがありますが、様々な難しさも伴います。

限界を感じたら、プロの探偵に相談することをおすすめします。

探偵は人探しのプロであり、独自の情報ネットワークや聞き取りのスキルを活用して正確に調査を行います。

また、デジタルフォレンジックの技術を用いて、SNSにアップされた画像から位置情報を取得したり、スマホから消したデータを復元したりすることもできます。

探偵のメリット

  • 短期間で探し出せる
  • 専門技術で難しい人探しも可能
  • 相続や訴訟もすべてお任せ
  • 再会時の調整もできる
  • 弁護士や警察とも連携

さらに、探偵事務所には専門のカウンセラーが在籍していることも多く、再会後の関係修復や心理療法の提供などもサポートしてくれます。

弁護士や警察との連携もあり、相続や訴訟、事件性のある場合などにも迅速に対応できます。

このように、探偵の力で困難だった人探しも成功率が上がります。

探偵調査の料金相場

探偵調査の料金相場

依頼内容の難易度=調査に掛かる費用

が依頼料に反映されるイメージです。相場としては、

10万円〜50万円

程度となります。

なかには、もっと安く依頼できることもありますし、それ以上となることもありますが一般的な案件であればこちらで収まります。

調査員の数と時間で計算される費用

依頼料は、派遣される調査員の人数と調査にかかる時間で計算されます。

案件の難易度により、必要な調査員の数や調査期間が変わるため依頼料も変動します。

簡単な調査なら格安で完了

探している家族の情報量が多く、調査にかかる時間が短い場合、依頼料も安く抑えられます。

たとえば、写真や過去の勤務先などの情報がすでに揃っているケースでは、短期間で調査を終えることができ、依頼料も格安になります。

調査の難しさで依頼料が変動

調査の難易度が高くなると調査員の人数が増えたり、調査期間が長くなるため依頼料も高くなります。

何日も続く調査や、多くの調査員が必要な案件は依頼料が上がる要因となります。

事前に情報を集めて調査料を抑える

調査料を安く抑えるためには、事前に可能な限りの情報を集めて探偵に渡すことが大切です。

写真や勤務先、趣味などの情報があれば、それらをまとめて渡すと調査の効率が上がり、依頼料の節約につながります。

複数の見積もりで安く調査を依頼できる

複数の探偵から見積もりを取り、比較することで最も安い探偵に依頼できます。

同じ調査内容でも費用を抑えることができます。

また、キャンペーンなどを実施している探偵もあるため、そのあたりの情報も要チェックです。

現在、もっとも人探しに力を入れている信頼できる探偵事務所3社がこちらです。

人探しに強いおすすめの探偵3選!

探偵事務所 料金 料金プラン 人探し専属調査員 特徴 実績 相談料
MJリサーチ ¥29,800〜

MJリサーチ口コミ評判

詳しくはコチラ

初回限定パック
※調査立案プラン
基本料50%OFFキャンペーンなど
多彩な料金プラン
20年以上のベテラン
調査員率いる専属
チームあり
人探し調査に特化した探偵
・即日調査開始(最短10分)
・調査実績をYou Tubeに公開
・全ての調査に報告書を提出
関東を中心に全国を対象とした調査
大手探偵社から独立した調査員が
集まり新設された探偵事務所。
フォレンジックなど最新鋭技術を
導入した調査。

弁護士や行政書士
などの専門家との連携も厚い。
無料
原一探偵 11万円〜

クロルの口コミと料金

詳しくはコチラ

トライアルプラン
定額制プラン
専属調査員あり ・人探し以外の素行調査や
ストーカー調査など多くの調査を請け負う
全国18支社を持つ国内最大手
・48年の歴史を誇る老舗探偵
多数の拠点から人海戦術を使った
一斉調査が強み。少ない情報からでも
失踪人を多数解決まで導く
無料
総合探偵社クロル 35.5万円

総合探偵社 クロル

詳しくはコチラ

プラン詳細なし なし ・浮気や不倫人探し調査が主体 顧客満足度が98.3%
と高評価となっています。
無料

※MJリサーチ調査立案プランとは、依頼者側からあらかじめ料金を提示して、その金額に合わせた調査プランを提案してもらうものです。

探偵のもとへ寄せられる依頼内容

実際に探偵のもとへ届く依頼内容についていくつかご紹介します。

探偵事務所にはさまざまな背景を持つ人探しの依頼が寄せられます。ここでは、実際に探偵のもとへ寄せられた人探しの事例をいくつか紹介します。

高校生の娘が駆け落ち

高校卒業間近の娘が社会人の男と家を出て行ってしまったから探してほしい。

息子が遺書を残して失踪

15歳の息子が家出をした。深夜に帰ってきた形跡はあったがその後3日間音沙汰なし。ゴミ箱の中に遺書のようなものがあった。

相続人と連絡がつかず遺産分割協議が進まない

会ったことのない親族が相続人になっているので早く探してほしい。

婚約者に金を貸したら失踪

来月に結婚する予定の婚約者を探してほしい。彼女の父親が手術をすることになったと言って結婚資金の300万円を渡した直後に音信不通になったから探してほしい。

探偵に依頼する流れ

探偵に依頼するまでの流れ

探偵依頼の流れ

  • メールや電話を使って無料相談
  • 調査期間や調査料金の見積もりを提示
  • 実際に調査を依頼する
  • 調査完了後、調査報告書を提出
  • 料金の支払い

最初のコンタクトはメールや電話で行われます。

大手の事務所では無料で相談できるところが多く、人探し専門のカウンセラーや夫婦カウンセラーが在籍している事務所もあります。

調査期間や料金の見積もりは、依頼内容が具体的になった時点で提示してもらいましょう。

また、最終的な調査報告書などのエビデンスがあるかどうかも、この段階で確認してください。

これらの確認によって、探偵への依頼の満足度が大きく変わりますので、慎重に話を聞きましょう。

調査期間はどれくらい?

調査期間は、調査内容や状況によって異なります。

簡単な調査では、1日〜3日程度ですが、難しい調査になると2週間以上かかることもあります。

それぞれのケースに応じた調査期間をご案内します。ご参考にしてください。

基本的な人探し

短期間で調査が終わるケースもあり、2〜3日で対象者の居場所が分かることもあります。

例えば、家族や友人の居住地に行っての聞き込みや、公的記録の検索で解決する場合などです。

複雑な人探し

複数の調査員による尾行や張り込み、カメラの映像解析、デジタル調査などが必要になると、調査期間は1週間から1ヶ月以上かかることもあります。

調査結果はどのようにして伝えられるのか

探偵の調査報告は各事務所によってさまざまですが、やはり相手の住まい先や写真などの調査の証拠となるものを提出する探偵が信頼できるでしょう。

なかには、口頭で「見つかったが相手が再会を拒否している」「すでに死亡していた」など虚偽と取れる報告をする探偵も存在します。

どのような調査であっても料金が発生する以上は、調査報告書、調査状況、進捗報告など何かしらのエビデンスを提示する探偵を選ぶことが重要です。

こういった部分は事前相談で確認できるところなので確実に聞き取りをしておきましょう。

全国でもっとも信頼のおける優秀な探偵はMJリサーチ!

全国でもっとも信頼のおける優秀な探偵はMJリサーチ!

当サイトが自信を持っておすすめするのは、MJリサーチです。

  • 音信不通の家族探し
  • 家出、失踪、行方不明
  • 相続手続きのサポート
  • 家族トラブルの解決フォロー
  • 持ち逃げされたお金を取り戻したい
  • トラブルで逃げた身内を見つけてほしい

全てMJリサーチの得意分野です。

人探しには、込み入った内容のものが多くどこに相談をしたらいいか迷うこともあるかと思います。

速やかな解決を望むなら、ぜひMJリサーチの無料相談窓口お気軽にご相談ください。

【当サイト推奨】

全国 NO.1 探偵事務所

総合探偵社 MJリサーチ

当サイト推奨の探偵事務所

写真左  MJリサーチ:若梅調査員 

  • 人探し専属の精鋭調査団
  • 探偵歴20年以上のベテラン調査員
  • 都心部を中心に全国11ヶ所の調査拠点
  • 即日調査可能
  • 24時間365日相談無料

※MJリサーチは家出人探しや失踪者の調査を専門に取り組む探偵事務所です。公式サイト下部の「問い合わせフォーム」に音信不通になった経緯や経過時間、行き先の候補など簡単な内容を入力して送信ボタンを押すだけ1分で完了します。

MJリサーチの無料相談はこちら>>

MJリサーチの電話相談窓口

探偵に関するQ&A

ネットで探偵のホームページを見てるけど、どこの探偵が良いのか分からない?

ネットには、どこも良いことしか書かれていません。プロの探偵でさえも判断が難しいです。

最も確実な方法は、直接、探偵事務所を訪問してみることですが、それが難しい場合は電話での無料相談を利用するのが良いでしょう。

電話対応から事務所の雰囲気や対応の良さをある程度感じ取ることができます。

さらに詳しい情報は、こちらの記事を参考にしてください。

探偵に頼めば絶対に見つけてくれるの?

プロの探偵に依頼したとしても100%見つけられる(再会できる)保証はありません。

人探しは、

  • 相手が逃亡している
  • 相手が再会を拒否している
  • 相手が犯罪者であった
  • 亡くなられていた

このようなケースもあることから探偵に依頼すれば必ず見つかる!と過度に期待するのは禁物です。

また、探偵のもとには人探しを装ってストーカー行為を働こうとする人も一定数います。

このような危険な依頼に対しても、探偵は慎重に対応し、依頼者の真の意図を見極めるために努めます。

万が一、そのような依頼があった場合、探偵は依頼を拒否することもあります。

探偵の調査はどのように進められるの?

まずは依頼者さんからの情報提供からスタート。提供された情報を基に、聞き取り調査の対象を推測して一斉に聞き取りを開始します。その後、有力な手がかりが得られた場所で実際に張り込みを行い、近隣住民との接触を通じて対象者の居場所を特定していきます。

探していることを相手に知られない?

探偵は調査を行う際、対象者に調査されていることがバレないように最大限の注意を払います。ただし、個人情報保護法やストーカー規制法などの法律に違反しないよう、対象者が見つかった場合には、依頼者が探していることを伝える必要があります。対象者がこの事実を了承した上で、探偵は調査を続けることが可能です。

探偵へ依頼すれば絶対に見つけられるのか?

100%ではありません。こちらが調査をしようとしていることが既にバレてしまっていることもありますし、逃亡されてしまうこともあります。当サイトおすすめの探偵(MJリサーチ、クロル)であれば90%以上の確率で発見することができます。

全国の探偵・興信所

北海道・東北
北海道宮城福島
関東
東京神奈川新宿渋谷
東海
愛知静岡
近畿
大阪兵庫京都
中国・四国
岡山広島鳥取
九州
福岡佐賀長崎
探偵の満足度 探偵に依頼してよかった 三角 探偵のおすすページはこちら

-人探し方法

© 2024 人探し.ch Powered by AFFINGER5