生存確認の方法|知人の生死を確認する方法10選

生存確認

生存確認の方法|知人の生死を確認する方法10選

2022年9月2日

遠方の知人が急に音信不通に…。

行ってあげたいけど、簡単には行けない。どうしよう…。

電話してもメールしても全く返事がないの。心配だわ。せめて生きてることだけでも確認したい。
遠方にお住まいのお友達やお子さん、ご親族の安否を確認したいという方は多いです。特にコロナ禍においてそういった方がさらに急増しています。

こちらのページでは、生存確認の方法についていくつかご紹介します。

緊急性が高い場合は、ページ後半の探偵に依頼する方法をご参考になってください

この記事に書かれていること

  • 生存確認の方法
  • 生存確認の時の注意点
  • よくある質問

目次

生存確認の方法10選

生存確認の方法10選

  • お世話になった人にお礼を言いたいが生きてるのか不明
  • 上京して一人暮らしの子供と音信不通に…。
  • 田舎で独りで暮らす親と連絡が取れなくなった
  • 遠距離恋愛中の相手との連絡が急に途絶えた
  • 知人が災害に見舞われ音信不通になった
  • 離婚後、子供の生存確認をしたい
  • 元カレ、元カノの生存確認をしたい
  • 相続に関わることで元夫の生存確認をしたい
  • 養育費のことで子供の生存を確認したい
  • 遺産のことで失踪した身内の生存確認をしたい
生存確認には色々な状況があるかと思いますが、下記で紹介する方法を参考にお探しの人を探してみてください。

生存確認の方法10選

  1. 住民票や戸籍から生存確認する
  2. 実家へ連絡
  3. 知人、友人、隣人への聞き取り
  4. 市役所に生存確認を依頼
  5. 警察に生存確認を依頼
  6. 探偵に調査依頼
  7. 公的サイトで全国の行方不明者を検索
  8. 警察HPで身元不明の遺体を調べる
  9. 掲示板サイトで調査
  10. ツイッターなどのSNSで生存確認

住民票や戸籍から生存確認をする

住民票や戸籍から生存確認をする

生存確認をしたいお相手がごく身近なご親族であれば住民票や戸籍に記された内容から生死の確認とお住まいの地域などが把握できます。

住民票の除票から死亡を確認

住民票の除票から死亡を確認

画像引用:リーガル・フェイス

住民票の除票には、対象の方が役所が管轄する地域へ転出された場合、もしくは死亡した場合などに住民票から抹消されます。その抹消された住民票を「住民票の除票」といいます。

上記画像が除票の見本です。対象の方が死亡されている場合はそちらに死亡年月日が記載されます。

江戸川区に住民登録されていた方が区外へ転出された場合、あるいは亡くなった場合などは江戸川区の住民票から抹消されます。抹消された住民票を「住民票の除票」といいます。
除票の写しには、住民票に記載されている事項のほかに、転出の場合には転出先住所と異動年月日、死亡の場合には死亡年月日が記載されます。

引用:江戸川区役所

戸籍謄本から死亡の確認

戸籍謄本から死亡の確認

画像引用元:相続遺言サポートオフィス

上記が「吉田法務さん」という方の戸籍謄本です。(例)

死亡した日平成28年4月1日と記載されています。

このように、生存確認したい人の戸籍を取得することで「死亡」したかどうかを確認することができます。

【死亡届と戸籍について】

死亡届は基本的に「死亡後7日以内に提出」とあります。また、死亡届が受理されてから3日程度で戸籍に反映されますので、死亡後10日を過ぎていれば戸籍にその旨が記されるということになります。

しかし、対象の方が一人暮らしや何らかの事件・事故に巻き込まれてしまっている場合は、死亡届の提出が遅れる可能性もありますのでこの限りではありません。

住民票や戸籍の取得方法については、こちらのページ(生存確認は住民票・戸籍の閲覧で可能|親が生きてるか調べる方法)に詳しくご紹介しています。ご興味のある方はご覧になってください。

実家へ連絡をして確認する

実家へ連絡をして確認する

生存確認をしたいお相手が知人や友人などの場合で、住所や実家を知っていればご家族に直接聞いてみるのも一つの手段です。

お探しのお相手がお子さんやご両親である場合はこちらの方法は該当しません。

相手の方の実家や一緒に住んでいる方と共同の電話番号を把握しているのであれば、直接伺ってみるのが良いでしょう。

ただし、見ず知らずの人にいきなり「○○さんが連絡つかなくて心配しています。近況を教えてください」と言ってもこのご時世からなかなか教えてはもらえないでしょう。

同窓会の誘いなどを口実に対象の方の生存を確認すると良いでしょう。

知人・友人・隣人へ聞き取りして確認する

知人・友人・隣人へ聞き取りして確認する

直接ご家族に聞き取りができないような場合は、周りの人に確認してみましょう。

まず、対象の方と親しい間柄と思われる友人の方へ聞き取りしてみましょう。

情報が得られないようであれば友人の友人など聞き取りの範囲を広げていきましょう。

また、知人や隣人の方の電話番号をあなたが知っているというのは珍しい事例かと思います。直接訪問するのが一般的でしょう。

「同窓会の誘いに来たけど、連絡がつかなくて…」などの理由で訪問すれば知っている範囲の情報を教えてくれる可能性が高いでしょう。

市役所に依頼して生存確認

市役所に依頼して生存確認

一般的に特定の人の生存確認を各自治体が実施することはありませんが、高齢の方の一人暮らしなど特例的に実施している自治体もあるようです。

市役所や自治体の専門スタッフが週に何回か対象の方の自宅へ訪問。安否確認を行う。

不在であったり、異変が起こればご家族へ連絡し、再訪問などを行うといった流れです。

対象者条件としては、

実施している地域が限られていることを前提に、65歳以上で一人暮らしのお年寄り、現住所へ6ヶ月以上住所がある場合

など条件が絞られてしまいますが、該当する方はぜひ活用したい取り組みです。

生存確認を実施している自治体

  • 北海道 帯広市
  • 青森県藤崎町
  • 山梨県上野原市
  • 大阪府貝塚市
  • 香川県高松市など

また、各地の市役所に直接電話して、突発的に生存確認を依頼してもほとんどの場合は引き受けてくれないでしょう。

警察に生存確認を依頼

警察に生存確認を依頼

事件・事故が明確な場合、警察に生存確認を依頼することが可能です。

警察に生存確認を依頼する際は、確証のある情報と事実確認が必要です。

事実確認や提出書類などが必要となるため、時間的、書類を集めるなどの手間などを考慮すると警察に依頼するのは一般的ではありません。

ですが、確認を取ることができれば対象の方の自宅へ調査にあたります。

基本的には「訪問」といった形になりますが、緊急性、事件性がある場合は強制捜査という形で施錠されている鍵を特別な方法で開錠するなどの措置も行われます。

警察は基本的に、事件・事故の可能性がない限りは対応できません。これは、警察の民事不介入の原則によるもので、個人的な事情や法律的に弁護士などの判断が必要な場合は警察が介入することができないからです。

探偵に生存確認を依頼

探偵に生存確認を依頼

理由を問わずすぐにでも生存確認をしたい場合、最も頼りになるのが探偵です。

生存確認をする上で一番のつまずきポイントはそもそも対象の方の居場所が分からないことです。

探偵は人探しの延長に生存確認があると認識しているため、ご家族だけでなく会ったことすらない相続人の方や、知人、顔見知りの方などの生存確認も可能です。

探偵が可能な生存確認

  • 高齢者の家族
  • 一人暮らしの子供
  • お世話になった人
  • 元カレ、元カノ
  • 元夫、元妻
  • 離婚して離れ離れになった子供
  • 会ったこともない相続人
  • お金や所有物を貸した相手
  • トラブルの相手
  • マッチングアプリで知り合った相手
  • 遠距離恋愛中の恋人
  • 風俗嬢
  • 行きつけのお店の店員

当サイトでも生存確認は探偵に依頼することをおすすめしています。

事件性や理由に関わりなく迅速な確認が必要な場合はぜひ探偵を頼ってみてください。

生存確認や人探しについて困ったことがあれば、探偵の無料相談を利用するとよいでしょう。電話、メール、チャットなどあなたに合った方法でアクセスできます。

原一探偵の無料相談はこちら>>

生存確認を探偵に依頼する料金相場|低費用で全国対応の探偵3社を比較
生存確認を探偵に依頼する料金相場|低費用で全国対応の探偵3社を比較

子供の頃お世話になった人にお礼を言いたい。 でも、いつ電話しても留守番電話になってしまう…。もしかして…。 こちらのページでは、探偵が特定の人の生存確認をする方法や料金相場についてご紹介します。 生存 ...

続きを見る

公的サイトで行方不明者情報を閲覧

警察庁HPで行方不明者情報を閲覧

警察庁のホームページには各都道府県にて行方不明者となった人の情報が掲載されています。

長い間お探しの方へ連絡がつかないような場合は、こちらのホームページを閲覧し行方不明者として登録されていないか確認すると良いでしょう。

ただし、行方不明者として登録されている場合、警察やご家族としても生存が確認できていない状態ですのでそういった場合は先にご紹介したように探偵に生存確認を依頼すべきです。

警察HPで身元不明遺体者情報を閲覧

警察HPで身元不明遺体者情報を閲覧

現在、東京都だけでも身元が分からないご遺体が100体ほどあるそうです。

万が一にも亡くなった可能性があるかもしれない場合は、各地域の警察署の窓口へ問い合わせてみましょう。

掲示板サイトで調べる

掲示板サイトで調べる

ネットには人探しサイトと呼ばれる「人探し専用の掲示板」がいくつかあります。

掲示板の利用方法は2通り。

  • 自分が情報を書き込んで、情報を求める
  • すでに掲載されている情報から対象の人の情報を探す

利用者の多い掲示板であれば、その人につながる情報が見つかるかもしれません。

根気よく探してみましょう。

対象の方が住んでいる地域や近況などの情報を手に入れることができれば、生存確認ができる可能性も上がります。

自分で確認するのが難しい場合は、探偵に依頼しましょう。

ただし、書き込みのなかには遊び半分で投稿されたいたずら書きアダルトサイトへの広告が掲載されることもあります。

  • 全ての情報を鵜呑みにしない
  • 危険なリンクをクリックしない

など注意してご利用ください。

掲示板一覧

ネットで人探しをする方法|人探しサイトやSNSを使ってできる方法と注意点
人探しサイト8選|ネットを使って無料で位置情報を特定する方法と注意点

探したい人がいるけど、どうやって探せば良いのか分からない。 お金を掛けずに人探しをするなら、まずはネットやサイトを使ってみようかな。と、お考えの方も多いかと思います。 個人的な人探しだから警察はきっと ...

続きを見る

SNSを使って生存確認

SNSアプリを使って生存確認

ツイッターなどのSNSアプリを利用して生存確認ができます。

インスタやFacebookなどSNSであれば応用ができる探し方です。

特にSNSで知り合った人や探している人がSNSをよく利用していれば見つかる可能性も高くなります。

SNSを利用しての探し方

  • アカウント名を検索する
  • 拡散して探してもらう

アカウント名検索をする

アカウント名を本名で登録している人は少ないですが、探している相手のゆかりのある名前や交友関係、趣味などをたよりに探すことができます。

ツイッター画面の検索窓に思い当たるアカウント名を打ち込んでみましょう。

ツイッターでアカウント名で検索をかける

ツイッターの「#ハッシュタグ」を使って生存確認を呼びかける

#=ハッシュタグの後に特定のワードを使って検索をすると、そのワードに関連する話題が表示されます。

「#+生存確認」「#+行方不明」など生存確認に関連するワードを検索してみましょう。

有効なハッシュタグ

  • #行方不明
  • #家出
  • #家出少女
  • #生存確認
  • #拡散希望
  • #都市名(地域)
  • #尋ね人
いかがでしたでしょうか?上記10個が生存確認をする方法です。下記のページでは、そもそも対象の人の所在も分からないという場合に参考になる記事です。ご興味のある方はご覧になってみてください

生存確認のプロ「探偵に依頼する」


探偵による人探しや生存確認では警察では扱われないような私的な理由でも生存確認が可能です。

探偵ができる生存確認

  • 生き別れの家族に会いたい
  • 遺産のことで兄妹と話したい
  • 家出した家族に会いたい
  • 家族と連絡が取れなくなって心配
  • 借金のことで話したい

探偵というと、盗聴器や浮気調査などを思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は、探偵は生存確認のプロでもあります。

事件性がないような生存確認でも理由に関係なく対応できるのが探偵です。

探偵は独自の技術で足取りを捜索できる

探偵は独自の情報網、独自の捜索方法でご家族の足取りを追います。

これまでご紹介してきた方法は個人の方が可能な範囲での生存確認でしたが、探偵は多くの経験と生存確認のノウハウを持っておりあらゆる手段を駆使して生存確認を可能とします。

全国に拠点を構える大手の探偵事務所では、調査の成功率が98%だと言われています。

探偵がどうやって生存確認をするのか代表的な方法をご紹介します。

探偵の主な生存確認

  • 残された手掛かりから行方を推測
  • 全国的な聞き込み、張り込み調査
  • 各種SNSを利用した拡散捜査

残された手掛かりから行方を推測

失踪時の現場から手がかりを調査

引用元:原一探偵事務所公式サイト

探偵は自宅や部屋の現場調査から開始します。

「こんなものが手掛かりになるの?」と思うような物から調査を始め足取りを推測します。

その他には過去のタウンページや住宅地図、ドローンなどを使い失踪者に繋がるヒントを見つけ出すこともあります。

上記の他には過去のタウンページや住宅地図、ドローンなどを使い失踪者に繋がるヒントを見つけ出すこともあります。

47年分のタウンページ・住宅地図を保管、ドローンや暗闇でも鮮明に撮影可能なカメラ、警察犬など、少ない情報からも探し出すノウハウを持っています。

引用元:原一探偵事務所

全国的な聞き込みや張り込みから有力情報を収集

聞き込みや張り込みから有力情報を収集

聞き込みや張り込みは探偵の一番強いところです。

全国の拠点に常駐するベテランの調査員達が地道な聞き込みや張り込みから行方知れずの人を探します。

一般の人がお知り合いの方などに直接連絡をすると怪しまれてしまいますが、探偵はプロですので怪しまれずに聞き込み張り込みができます。

聞き込みにより対象者の居場所を特定

探偵事務所の社長、代表には元警察幹部のOBが在籍していることがあります。

現役時代に培った聞き込み技術を駆使して居場所を特定していきます。

情報を引き出すには怪しまれずに「この人になら教えてもいいな」と思わせることが重要です。

また、個人情報保護の措置の特例も遵守しつつ必要な情報を引き出すのが探偵の腕の見せ所です。

  • 電話で聞く
  • 直接会って聞く
  • メールで聞く

聞き込みといっても色々な手段がありますし、ほいほいと見ず知らずの人に特定の人の情報を話す人はいません。

状況に応じて最適な手段を選び対象者に直結するような情報を引き出します。

張り込みにより情報を集める

張り込みと聞くと、「対象の人が出てくるのを張り込んで待っているだけ」の状況を思い浮かべるかと思いますが、実際はもっと難易度が高く、リスクの伴うものとなっています。

探偵の張り込みが対象の方にバレてしまうと、不審に思われたり、通報されてしまったりと対象の人が離れてしまうこともありますし、依頼者の方にも不利益を与えかねません。

探偵の張り込み

  • 対象の方との距離感覚
  • 位置
  • 周辺の環境
  • 時間帯
  • 対象の方の移動手段

あらゆる状況を考慮し最適な場所で張り込みを実施します。

張り込みや聞き込みといってもテレビドラマに出てくるような簡単な方法ではありません。1日の移動距離や張り込み時間などかなり過酷なものとなっています。

手がかりをもとに、聞き込みや張り込みなどの人海戦術での調査に入ります。必要に応じてチラシなどを作成して配布をします。

  • 1日に聞き込む各施設は800軒以上!
  • 1度の調査での移動距離は
  • 最長959.4km!(※東京から大分まで)
  • 1箇所での張り込み時間は最長7時間!

引用元:原一探偵事務所

SNSを利用した拡散捜査

SNSなどのアカウントから発信された内容やフォロー/フオロワーからどのようなことに興味があり、交友関係を探ることができます。

また、ご家族の承諾が得られればパソコンやスマホ内のデータを確認することもあるようです。

Twitterでの生存確認は拡散力が強いため探偵が利用することもあります。

こちらがガルエージェンシーという探偵のツイートです。

ガルエージェンシーは全国的に支社を構える探偵で浮気や不倫、いじめ、離婚問題など多岐に渡る案件に対応しています。

総合探偵社 ガルエージェンシー

探偵の生存確認の料金相場

探偵の人探しの料金相場

生存確認の調査費用は、各探偵事務所によって料金体系や調査日数が異なります。

一般的に調査料金の相場と言われるのが10~50万円前後。 最小と最高ではかなりの開きがありますが、捜索対象や難易度により異なるため一律ではありません。

難易度 捜査日数 料金相場
低い

(情報量多い、失踪から日が浅い)

1週間〜2週間 10万円〜30万円
一般

(情報量通常、失踪から半年未満)

2週間〜4週間 30万円〜50万円
高い

(情報量少ない、失踪から1年以上)

1ヶ月〜2ヶ月 40万円〜100万円
超高

(情報過小、失踪から数十年)

3ヶ月以上 要見積もり
各社、調査の難易度や日数、人件費によって料金が変動していくようになっています。
最低でも10万円は覚悟しておいたほうが良さそうなんですね。料金の内訳についても教えてほしいです。

探偵の調査費用の内訳

探偵の調査費用の大半が捜査員の人件費となります。

料金表

  • 着手金
  • 人件費
  • 交通費
  • 宿泊代
  • 報告書作成費
  • 通信費
  • 諸経費

まずは探偵に生存確認の内容を相談してみる

生存確認の内容について探偵に相談してみてください。

他人には相談しにくいような内容でも、探偵には専門のカウンセラーが在籍している事務所もありますので、具体的な内容までしっかり話せます。

料金についての相談ももちろんOKです。調査の難易度から大体の費用を見積もったり、予算に応じて調査の方法を調整したりなど柔軟に対応してくれる探偵もあります。

また、原一探偵であれが相談は何度でも無料ですし24時間いつでも対応してくれます。

警察では相手にされない生存確認であっても探偵は大丈夫。生存確認専属チームを結成するなど全力で対応します。

また、大手であれば全国に拠点を構えている探偵もあるため、失踪者が全国どこにいても捜索可能です。

お一人でお悩みの際はぜひ探偵に相談してみてください。失踪時の状況や残された手掛かりなどを過去の事例と照らし合わせ、失踪の理由や傾向が掴める可能性もあります。

ピンクの矢印

生存確認の相談は「原一探偵事務所」へ



「行方知れずの家族にどうしても伝えたいことがある」

「遺産や相続のことで話したい」

音信不通の家族を探し出すには、断片的な情報を1つひとつ繋ぎ合わせるノウハウが必要です。

少ない情報からご家族を探すには、多くの調査員が在籍し解決実績が豊富な探偵事務所に相談することをおすすめします。

原一探偵は、創業47年のノウハウと年間50,000件もの実績があることから全国でも注目を集める探偵事務所です。生存確認専属チームのベテラン捜査員たちが最新技術を駆使して行方知れずの人を探し出します。

スペース\24時間 何度でも相談無料/

原一探偵の詳細はこちら

早く探したい場合は 「警察か探偵に相談する」

家出をした人、失踪をした人は表面上では、

  • 探さないでください
  • もう帰りたくない
  • 死にたい

などのメッセージを残すことがありますが、心の底では誰かにすがりたい、助けてほしいなど本心を打ち明けられずにいるはずです。

表面上のメッセージはさておきとにかく少しでも早く捜索を開始しましょう。

警察に相談する 行方不明届けを提出

行方不明届けとは、誘拐や犯罪、自殺など事件性が高い家出や失踪に対して警察官が捜索をするものです。

届けを提出できる人は、通常は家出をした人の親権者や親族になりますが、場合によっては恋人や会社の雇い主、看護人などごく身近な人であれば届け出ることができます。

ただし、事件性や事故、自殺などの危険がない場合は警察は対応をしてくれません。

また、一度でも警察に相談をすると、良くも悪くも公的機関への相談となるので家出をした人、家出をされた人、共に履歴が残ることになります。

事件性のない家出であれば探偵に相談してみましょう。

探偵に相談する 家出生存確認を依頼

探偵は、事件性の有無や家出をした日からの経過日数に関係なく対応します。

探偵のなかには生存確認や所在調査を専属的に実施している業者もあり、調査の成功率が9割を超えることもあります。

また、調査を依頼できる人は親族や恋人以外であっても妥当性が判断されれば、基本的には誰でも依頼することができます。(ただし、DVやストーカーなど犯罪を目的とした生存確認はできません)

相談だけであれば個人情報をさらすこともありませんので気兼ねなく電話やメールで相談することができます。

警察か探偵か迷った場合は探偵に相談

この生存確認が「事件性があるのかないのか?」「警察が対応してくれるのかどうか?」と警察か探偵のどちらに依頼した方がよいか判断がつかないこともあります。

例えば、

  • 急な失踪
  • 繰り返される家出
  • 旦那さんの家出
  • 奥さんが子連れで家を出たきり帰ってこない
  • 音信不通になってから何年も経っている

など、判断に迷う場合は探偵に相談してください。

大手の探偵であれば公式サイトを経由しての相談が無料のケースが多いので利用してください。

探偵に相談する場合の注意点

探偵のなかには、お金を騙し取ることを目的とした業者が存在します。

探偵を利用する場合に注意しておきたいのが「なかには悪徳探偵も存在する」ということです。

ピンクの矢印

生存確認の相談は信頼できる大手の探偵事務所

「原一探偵」へ



「家出した理由が分からない」

「何をどうすれば良いのか…でも早く探さなきゃ」

生存確認は迅速かつ確実に探すノウハウが必要です。

行き先の検討がつかない、失踪の理由も分からない人を探し出すには、多くのベテラン捜査員が在籍し解決実績が豊富な探偵事務所に相談することをおすすめします。

原一探偵は、創業47年のノウハウと年間50,000件もの実績があることから全国でも注目を集める探偵事務所です。生存確認専属チームによる探し出し。家出人専門のカウンセラーによる再発防止とトータルケアで家出人の早期発見に取り組みます。

原一探偵事務所の家出調査

スペース

原一探偵の無料相談はこちら>>

探偵の生存確認の方法

探偵を雇って生存確認をする方法もあります。

探偵さんって浮気の調査をしたり、盗聴器見つけるお仕事じゃないの?
はい。そういった依頼も多くありますが、生存確認は探偵が得意とする仕事の1つなんです。

探偵はどうやって生存確認をするの?

探偵にはあらゆる捜査のなかで培ってきたノウハウと情報網を使った合法的な行方調査が可能です。

ここでは簡単に代表的な捜査方法を紹介します。

探偵の生存確認の調査方法

  • 失踪時の現場調査
  • SNSなどの情報確認
  • 住民票、戸籍の調査
  • 信販会社や水道電気など登録データ調査
  • 各種会員データ調査
  • ネットカフェ、住み込み寮など調査
  • ホスト、ホステスなどからの聞き取り
  • 立ち寄る店舗からの聞き取り
  • 警察官への所在調査聞き取り
  • 警察庁行方不明者情報の調査
  • 弁護士への聞き取り
  • アルバイトや大学生を雇って調査
  • 全国の事務所総動員での連携

探偵の生存確認は個人では手の届かない情報が手に入る、組織で動くことで可能となる捜索ができます。

参考探偵の生存確認はどうやって行うのか?調査方法と依頼時のポイント

生存確認の成功率を上げる方法

人探しの成功率を上げる方法

経験値の高い探偵の成功率は7割〜8割だといわれますが、提供される情報などによって9割以上の成功率にすることが可能です。

探偵事務所・興信所の生存確認成功率に関する正確な統計データはないものの、その成功率はおよそ70~80%程度と言われています。独自のネットワーク・データベースの活用や、積み上げてきた生存確認調査のノウハウを駆使することで、高い成功率を維持しているのです。

引用元:Fujiリサーチ>>

生存確認調査の成功率が9割を超える探偵事務所もあるといわれています。

探偵に提示できる情報を少しでも多く用意する

全く情報のない生存確認は不可能ですが、勤め先や出身校、居住地など少しでも多くの情報を提供しましょう。

情報量や行方がわからなくなってからの経過時間などにもよりますが、午前中に依頼をして数時間で見つかったという事例もあります。

こんなものがなんの手掛かりにもならないだろうと思っていても有力な情報となることも多いので、より多くの情報を探偵に提示できるようにしましょう。

調査に役立つ情報

  • 勤め先
  • 住所、電話番号
  • 源氏名
  • 対象の方の交遊関係
  • 身体的な特徴(ほくろ、アザ、髪型など)
  • LINEなどのSNSアカウント
  • よく会う時間帯
  • 買い物のレシート
  • 車のナンバー
  • 出身校
  • 行きつけの飲食店
  • 利用する交通手段
  • 借金の有無
  • 友人知人の連絡先
  • 交際相手の情報
  • ホームページの閲覧履歴
  • インターネット検索履歴
  • ホテルの予約履歴
  • 交通手段の切符
  • クレジットカードの利用明細
  • ATMの利用場所

少しでも早く捜索を始める

行方不明の人の捜索はスピードがカギとなります。

家出人の捜索でいえば、失踪から3日までが発見の分かれ道と言われています。それ以上経ってしまうと途端に成功率が下がってしまいます。

失踪から3日目が運命の分かれ道。家出調査は、初動が肝心。1分1秒でも早く探し始めることが、早期発見につながります。大切な人の命を守る、事件・事故に巻き込まれる前に探し出すためにも、捜索願を出したらすぐに調査を開始するのがベストです。

引用元:原一探偵事務所

事件や事故につながるリスクも高くなるとも言われています。

音信不通の人を探す場合ですと、時間が経てば経つほど対象の方はこちらから離れてしまう可能性が高いです。

少しでも早く探し始めることが重要ですので、まずは探偵の無料相談を利用して、

  • 命の危険や事件に巻き込まれていないか
  • 見つかる可能性があるのか
  • 本当に探偵に頼むほどの生存確認なのか

など、必要に応じて迅速に対応できるようにしましょう。

調査力の高い探偵に依頼する

生存確認専属チームを有する探偵に依頼しましょう。

生存確認に力を入れている探偵は、全国各地に拠点を構え、失踪している人の足取りを全国レベルで追尾できます。

また、チーム内のメンバーは熟練されたベテラン調査員が多く在籍し、最新鋭のデジタルフォンレジック(スマホや記憶デバイスの失われたデータの復元技術)や住宅地図、47年分のタウンページを使った生存確認など昔ながらのアナログ捜査を駆使して調査を実行します。

浮気・盗聴器・見守りなどを専門に取り扱っている探偵では捜査力に難ありです。

生存確認は専門的な捜査です。成功率を上げるには生存確認専属チームにいる探偵を選びましょう。
全国の人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング10社を公開!
全国の人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング10社を公開!

探偵の人探しの成功率は非常に高いです。 諦めかけていたその想いを実現してくれるのが探偵の人探し。 「必ず見つけたい!」という要望に応えられる探偵を10社を厳選して本気で比較しました。 公式サイトには載 ...

続きを見る

探偵に依頼するまでの流れ

探偵に依頼する流れ

こちらでは原一探偵事務所で生存確認を依頼する場合の流れを紹介します。

step
1
電話やメールで相談

電話やメール、オンラインチャットにて無料相談をする。(匿名OK、24時間、365日対応)

探偵の事務所にいきなり訪問するのはなかなか難しいかと思います。

まずは、電話やメールなどで状況や探してほしい人の特徴、いきさつなどを話してみるとよいでしょう。

無料相談は専門のカウンセラーが対応しますのでじっくりと納得のいくまで相談することが可能です。

見つかる確率やおおよその捜査費用を案内する場合もあります。

相談できる内容

  • 生存確認の内容
  • 生存確認のおおよその成功率
  • 生存確認にかかる期間
  • 調査費用
  • 調査開始時期

※人には話し難いような内容でもカウンセラーには真実を話しましょう。調査に影響する場合があります。

step
2
事務所での面談

プロのカウンセラーが対応。料金見積もり、捜査方法などの詳細を打ち合わせします。

現在はコロナ禍ということもあり対面ではなくオンライン面談を採用しています。

面談時には、より具体的な生存確認の内容を提示します。できるだけ多くの情報を提示できるように事前に情報をまとめておきましょう。

まとめておきたい情報

  • 最後に会った場所や時間
  • 勤め先
  • 同僚や知人
  • 身体的な特徴(ほくろ、アザ、髪型など)
  • 私物の有無
  • SNSなどのアカウント
  • 所属グループなど
  • 勤務帯や会ったことのある時間帯

原一探偵は、この時に提示された金額が全ての捜査料金です。

しかし、その他の探偵の場合は各事務所で独自の料金体系があります。

見積もりの金額と内容はしっかりと確認を取りましょう。

step
3
契約

見積もりで提示された金額で納得できれば実際に依頼契約を結びます。

契約完了後に捜査開始となります。緊急を要する調査の場合は面談直後から調査開始となります。。

中小の探偵事務所では、契約の強要や最初に安く見積もっておいて後に高額請求をする探偵もいるようですので、全てを納得するまでは決して契約をしないようにしましょう。

step
4
報告

調査報告書をもちいて捜査報告。裁判所への提出に有効な報告書となりますので大切に保管しておきましょう。

捜査期間はおおよそ1週間〜6週間になる場合が多いようです。調査対象者の方が遠方に行ってしまっている場合や自らの意思で身を潜めている場合はそれ以上の日数が必要となります。

生存確認の場合は、報告内容が再会となるのが理想です。

相手方からの拒否やすでにお亡くなりになられるている場合は報告書の提出となります。

step
5
アフターフォロー

家出や意図的な失踪である場合は再発防止のためのアフターフォローまでが一連の調査となっています。

特に家出は再発する可能性が非常に高いと言われています。未成年であれば尚更です。

家出、失踪をした根本の原因をしっかりと見つけ解決することで再発防止となります。

24時間無料で相談できるのは原一探偵事務所

  • 急に音信不通になった人を探したい
  • お世話になった人にお礼を言いたい
  • 持ち逃げされたお金を取り戻したい
  • トラブルで逃げられた人を見つけてほしい

生存確認には、込み入った内容のものが多く色々な理由があるかと思います。

誰に相談するか非常に悩むところかと思いますが、周りに知られず、こちらの意図を汲み取ってくれるのが探偵の無料相談かと思います。

生存確認はスピードが命とも言われていますので、まずはフランクに相談してみてはいかがでしょうか。

原一探偵事務所

人探しに頼りになる原一の社員が勢揃い

\24時間受付 無料相談窓口/

原一探偵の無料相談はこちら

全国の人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング10社を公開!
全国の人探しにおすすめの探偵・興信所を徹底比較!人気ランキング10社を公開!

探偵の人探しの成功率は非常に高いです。 諦めかけていたその想いを実現してくれるのが探偵の人探し。 「必ず見つけたい!」という要望に応えられる探偵を10社を厳選して本気で比較しました。 公式サイトには載 ...

続きを見る

探偵の人探しはどうやって行うのか?調査方法と依頼時のポイント
探偵の人探しはどうやって行うのか?調査方法と依頼時のポイント

家出をした人の人探しやお世話になった人の人探し、どうしても会いたい人を探す場合、自分で探すのはなかなか難しいでしょう。 そういった時に頼りになるのが探偵です。 人探しの方法や調査料金、依頼の際のポイン ...

続きを見る

  • この記事の監修者
アバター

澤田 公広(さわだ きみひろ)

高卒で自衛隊へ入隊後任満退職。大手探偵事務所にて15年勤務。素行調査、行方調査を担当。現在は個人事務所の立ち上げ準備中。

-生存確認

© 2022 必ず Powered by AFFINGER5